片山津温泉

実は、片山津温泉街の開業は明治期に入ってから。
温泉の発見は大聖寺藩第二代藩主・前田利明の時代にさかのぼりますが、
源泉の噴出口が柴山潟の湖底だったために開発にはたいへんな技術と歳月を要しました。
明治九年、掘削や埋め立てなどの困難を乗り越えて二軒の宿が開業した時には、
人々を無料でもてなし、村をあげて喜びに浸ったといいます。
そんな歴史を偲んで潟の中ほどには、温泉伝説の弁天様と竜神様の祀られた「浮御堂」が建立されています。
また浮御堂へと続く湯の元公園からは屋形船が就航。
夏ならば納涼花火大会を湖上から観賞したり、船に乗って湯巡りができるなど、風流な舟遊びも行っています。
湖岸に林立する旅館群の一画に建っているのは「中谷宇吉郎 雪の科学館」。
片山津は、「雪は天から送られた手紙である」という名言を残した科学者・中谷宇吉郎のふるさとです。
館内ではスタッフが雪の結晶を作る実験を行っていたり、興味深い仕掛けがいっぱい。
一面ガラス張りのティールームからは、潟越しにゆったりと裾野を広げる白山を望むこともでき、
お茶をいただきながらのんびりと過ごしたい空間です。
天に向けてぽっかりと開放されたような片山津温泉。柴山潟に臨む温泉は、
とびきり雄大なロケーションに恵まれた温泉地でもあるのです。