ホーム > イベント > 検索結果

イベント

令和2年度春期企画展 江沼九谷の流れ~令和元年度 寄託品を中心に~九谷焼窯跡展示館~

江沼九谷の流れ

開催日: 2020年4月8日(水)~10月5日(月)※期間延長になりました (火曜休館)9時00分~17時00分(入館は 16時30分 まで)

「古九谷」が絶えて百数十年後、色絵磁器生産の炎は、当時の大聖寺藩領内で再び熾りました。

当時の旧称を冠し「江沼九谷」と呼ばれたその流れは、多くの窯元や陶工を生み出し、江戸時代後期に復活した九谷焼の一翼を担うことになります。

「古九谷」青手様式を更に推し進めた「吉田屋窯」や御用窯「松山窯」の作品、木崎朴什・万亀親子や宮本屋窯の煌びやかな赤絵細描様式、幕末に藩営九谷本窯に招聘された永楽和全による「金襴手」や古九谷風の「五彩手」、中興の祖ともいうべき竹内吟秋率いる「維新社」面々の活躍、国内他産地や国外の作品の影響など・・・。

現在の石川県加賀市を活動拠点とする「加賀九谷」は、その流れを受け継ぎながら新しい時代の「九谷焼」を目指しています。

令和2年度第1回目となる今回は、昨年度寄託された作品を中心に、再興九谷・江沼諸窯の多様性と、そこに底通する「流れ」をご紹介します。

(九谷焼窯跡展示館 企画展チラシより)

 

チラシはこちらからご覧いただけます  ⇒  春期企画展 江沼九谷の流れ ~令和元元年度寄託品を中心に~ 

 

 

 

場   所 石川県加賀市山代温泉19-101番地9 九谷焼窯跡展示館
問  合  せ 九谷焼窯跡展示館 TEL0761-77-0020
関連リンク

(外部ページ)

九谷焼窯跡展示館 公式ホームページ

イベント情報

絞り込み検索

テーマ

季節

地域

キーワード