ホーム > 見どころ > 検索結果

見どころ

検索結果 : 154件見つかりました / 検索項目 :
  • 工芸空間  FAISONS(フゾン)

    築130年の大聖寺町屋を活かしたカフェとアトリエギャラリー空間です。 様々なアート作品を展示・販売しています。 アトリエや工房としても利用でき、より作家を身近に感じられる「作品ではなく、作家そのものを見せる」というコンセ…..

  • 那谷寺(なたでら)

    那谷寺は717年泰澄神融禅師により開創。 白山の神を信仰し、洞窟の中に千手観音をまつっています。 洞窟は母親の胎内とみて古い時代より、「胎内くぐり」の聖地です。 新たに生まれ変わり、罪が浄められると信じられました。 平安…..

  • 勧進帳ものがたり館

    歌舞伎「勧進帳」をわかりやすく解説した12分間の映像や、明治時代に大阪・文楽の勧進帳で使われた人形を展示し、北前船で栄えた安宅の町並みを紹介しております。

  • 石川県立伝統産業工芸館

    常設展では石川県の伝統的工芸品36業種すべてを展示。月替わりの企画展では伝統工芸の「今」を紹介しています。 定期的なワークショップ・実演有り(詳細はHP参照)。 ミュージアムショップもユニークな品ぞろえで様々なシーンでの…..

  • 瀧谷寺(たきだんじ)

    永和元年(1375)紀州根来寺の学頭、睿憲(えいけん)上人によって開かれた寺です。 三国最古の寺院。老木に覆われた参道を歩くと厳粛な雰囲気が漂います。 境内には国の重要文化財の鎮守堂や観音堂、開山堂など貴重な建物が並びま…..

  • 尾山神社

    加賀藩初代藩主前田利家を主神とします。 明治8年(1875)建立の神門は当時の文明開化の世相を取り入れた和洋折衷の造りで、5色のガラスがはめ込まれた最上階のご神火は、灯台の代わりともなったといいます。 神社の池泉回遊式庭…..

  • ひがし茶屋街

    藩政時代の情緒が色濃く残るひがし茶屋街。 石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が軒を連ねます。 お茶屋は一見さんお断りですが、内部を公開しているものや、茶屋の造りをそのまま利用した雅な和風喫茶などで中の様子を見ることができま…..

  • クアハウス九谷

    天然温泉を利用した健康増進施設です。 水着で入るバーデゾーンでは温水プールのほか、ジャグジーや打たせ湯など15種類の浴槽が楽しめます。 館内には、トレーニングルームや休憩室、レストラン、大小宴会用和室を完備しています。 …..

  • にし茶屋街

    藩政時代からの歴史を持つにし茶屋街。 茶屋街で育った『地上』で知られる島田清次郎を記念した金沢市西茶屋資料館もあり、こちらも必見です。 往時のたたずまいを残す西検番事務所は今は芸妓さんの稽古場として使われていて、三味線や…..

  • 石川県立美術館

    名品が揃う常設展示室。古九谷や加賀藩前田家伝来の文化財をはじめ、石川県ゆかりの作家の絵画・彫刻・工芸など、古美術から現代まで、石川県ならではの美術工芸品を多数展示しています。 また、華麗な色彩で知られる名品、野々村仁清作…..

  • 東尋坊

    日本海の荒波が長い年月をかけて岩肌を削り、水面から高さ25メートルにも及ぶ断崖を作り上げた奇勝です。五角形や六角形の柱状節理の巨大な岩柱がそそり立ち、地質学的にも貴重で国の天然記念物に指定されています。また、30分で巡る…..

  • 松井秀喜ベースボールミュージアム

    松井秀喜氏の野球に対する熱い想い、そして野球を通して追い続ける「夢」をテーマに創設されました。  松井秀喜氏の幼少から現在に至るまでの歩みを時代を追ってめぐり、その努力の軌跡を堪能できます。 また、2008年に数々の栄光…..

  • 日本自動車博物館

    12,000平方メートルの広い展示スペースには、明治34年から昭和45年頃までの世界の自動車が約500台、ズラリと顔を揃えています。 ダイアナ妃が来日した際に乗られたロールスロイスをはじめとして、ヨーロッパの名車、日本の…..

  • 片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場

    昭和32年の開場以来、風光明媚なシーサイドコースとして親しまれ、現在では54ホールズと日本海側最大のゴルフ場となりました。3つのコースがそれぞれの持ち味と特徴を生かしたゴルフ場です。

  • 片山津温泉 足の湯 えんがわ

    片山津温泉の足湯といえば、温泉街の中心部にある砂走(すなはせ)公園にある「えんがわ」。 ウッドデッキとあずまやのある足湯からは、柴山潟をイメージした大小2つの池と芝生を望めます。 片山津温泉の源泉は塩分を多く含む塩化物泉…..

  • 能美市九谷焼資料館

    五彩に特徴をもつ九谷焼の歴史や工程を知ってもらおうと、1982年(昭和57年)九谷焼生産地の寺井町(現能美市)に建てられました。 現代作家の作品はもちろん、海外に散らばっていた作品も買い戻し、公開しています。常設展示が行…..

  • 加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森

    13万坪にも及ぶ自然豊かな森に、茅葺の古民家を移築した伝統工芸村。 17の館ではさまざまな伝統工芸が揃っており、各館ではそれぞれの工芸品の製作過程の見学や、友禅染・ろくろ回し・上絵付・金箔貼りなど11の館で50種類以上の…..

  • 成巽閣

    加賀百万石前田家を代表する建造物。 文久3年(1863)12代奥方、真龍院の御隠居所として兼六園に造営されました。 風格ある大名の書院造りと雅趣に富む数奇屋風書院造りの二つの様式を併せ持つ事が特色。 花鳥の意匠や豊かな色…..

  • 兼六園

    兼六園は、江戸時代の代表的な林泉回遊式大庭園の特徴をそのまま今に残す庭園であり、延宝4年(1676)5代藩主綱紀によって作庭が始められ、天保8年(1837)13代藩主斉泰の時に現在の形となりました。約11haもの広さを持…..

絞り込み検索