KAGA旅・まちネット > お知らせ一覧 > 幻の下絵 金城霊澤 天井絵「龍之図」下絵初公開(加賀市美術館)

お知らせ

幻の下絵 金城霊澤 天井絵「龍之図」下絵初公開(加賀市美術館)

投稿日: 2014年06月08日


金城霊澤(きんじょうれいたく)とは、金沢市兼六園の東南端にある井戸で、金沢の地名の起こりとなった伝説(芋堀藤五郎の伝説)で知られています。

 

元々、井戸の覆屋の天井には狩野探幽筆と言われた龍之図が描かれていましたが、月日の経過により剥がれ落ち、昭和11年に広田百豊によって描き直されました。

 

ですがその下絵とされるものは数年前から所在不明となっており、”幻の下絵”となっていました。

 

ところが、加賀市美術館が昨年市内の所蔵家から寄託を受けた百豊の画のうち、「龍之図」が金城霊澤の天井絵に酷似しており、失われた下絵に間違いないと判明しました。

 

今回が所在不明となってより、初めての公開となります。

 

JR加賀温泉駅から歩いてすぐに距離にある加賀市美術館。電車の待ち時間の間に気軽にお立ち寄りになれます。

 

金城霊澤 天井絵 「龍之図」下絵 公開 (常設展)

 場   所 : 加賀市美術館

 期   間 : 2014年6月7日(土)~7月21日(月祝)

       ※火曜日休館。7月9日~16日まで中断

 料   金 : 一般300円 

 開   館 : 10時00分~18時00分(入館は17時30分まで) 

 お問合せ  : TEL0761-72-8787