ホーム > おすすめの過ごし方 > 検索結果

おすすめの過ごし方

九谷焼のふる里を訪ねる、本物と出会う

山中温泉で生まれ、山代温泉が育んだ「九谷焼」。 九谷村で焼かれたから、その名が付いた。知ってた?

日本を代表する色絵磁器である九谷焼。加賀は九谷焼の発祥の地であり、ここから発展していきました。九谷焼のふる里ともいえる加賀を歩きます。

所要時間: 約3時間~5時間(⑥⑦除く)
①九谷焼窯跡展示館

①九谷焼窯跡展示館

所要時間:40分
大聖寺の豪商吉田屋伝右衛門が、絶えていた九谷焼を再興し九谷村から移築した窯の跡で、現存最古の登窯(のぼりがま)もあります。
約180年に及ぶ継承の歴史がわかります。

料金:入館料 大人310円
電話:0761-77-0020
開館:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休日:火曜日(祝日開館)

▼ 徒歩約10分
②九谷焼窯元須田菁華

②九谷焼窯元須田菁華

所要時間:15分
陶芸家・美食家で知られる北大路魯山人が陶芸に目覚めたのは、初代須田靑華との出会いがあったから。
魯山人は山代に滞在し、熱心に靑華窯に通いました。

電話:0761-76-0008
営業時間:9:00~17:30
休日:不定休

▼ 徒歩約2分
③九谷焼体験ギャラリーCoCo

③九谷焼体験ギャラリーCoCo

所要時間:45分(体験ありの場合は1~2時間)
九谷焼の販売と観光案内を兼ねたお店。地元若手作家の作品の展示販売や作陶風景の見学など、プロの技を間近で感じることができます。
また絵付け体験も楽しめます。

料金:絵付け体験1,500円~(送料別途700円が必要)
電話:0761-75-7116
営業時間:9:30~17:30(絵付け体験受付は16:30まで)
休日:木曜日

▼ 徒歩約1分
④山代温泉古総湯

④山代温泉古総湯

所要時間:35分
明治時代の共同浴場を復元。
忠実に再現した建物は、浴槽の板壁には漆を塗り、九谷焼のタイル、ステンドグラスを使用し、源泉かけ流しのお湯を体験できます。

入浴料:大人(12歳以上)500円、中人(6歳以上12歳未満)200円、小人(3歳以上6歳未満)100円、幼児(3歳未満)無料
電話:0761-76-0144
営業時間:6:00~22:00(第4水曜は12:00~)
休日:年中無休(臨時休業あり)

▼ 徒歩約2分
⑤魯山人寓居跡いろは草庵

⑤魯山人寓居跡いろは草庵

所要時間:30分
陶芸家であり美食家として知られる北大路魯山人が九谷焼を学ぶために、山代温泉に半年ほど滞在した寓居を当時のままに公開しています。

料金:入館料 大人500円
電話:0761-77-7111
開館:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休日:水曜日(祝日開館)

▼ 車約15分
⑥石川県九谷焼美術館

⑥石川県九谷焼美術館

所要時間:40分
三つの様式それぞれに展示空間の趣向を凝らし、350年に渡る九谷焼の魅力を紹介しています。

住所:石川県加賀市大聖寺地方町1-10-10
料金:入館料 一般500円
電話:0761-72-7466
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休日:月曜日(祝日開館)

▼ 車約50分
⑦九谷磁器窯跡(古九谷窯跡)

⑦九谷磁器窯跡(古九谷窯跡)

所要時間:30分
今からおよそ350年前、山深い九谷村に築かれた九谷焼の窯は、国指定の史跡です。
石川県の代表的な伝統産業である九谷焼の歴史は全てここから始まります。

場所:石川県加賀市山中温泉九谷村

関連見どころ情報

関連見どころ情報

コース経路

案内所

①九谷焼窯跡展示館 ①九谷焼窯跡展示館

九谷焼の歴史だけでなく、制作工程についても聞いてみよう。

電話:0761-77-0020
営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
※営業時間中でもご案内できない場合があります。
休日:火曜日(祝日開館)

アクセス

九谷焼窯跡展示館までのアクセス
九谷焼窯跡展示館までのアクセス
車:片山津ICから約20分
加賀ICから約18分
JR加賀温泉駅から約10分
路線バスJR加賀温泉駅2番のりばから、「温泉山中線」に乗車し、「山代東口」で下車。徒歩約5分。(片道250円)
キャンバス(6a)九谷焼窯跡展示館で下車。徒歩約1分。(1日券1,000円、2日券1,200円)

絞り込み検索