イベント

天神講

3日間舞われる貴重な蝶の舞

敷地天神講は、加賀市にある菅生石部神社(すごういそべじんじゃ)の夏祭りです。

神社創祀以来およそ千四百年続く大変古い神事で、江戸時代には大聖寺藩の藩祭として、藩主をはじめ藩内全住民がお参りしたといわれます。

 現在では敷地天神講と親しまれ、毎年7月24日・25日・26日の3日間行なわれ、初日は茅の輪(ちのわ)神事。 マコモでできた大きな輪(高さ約2.6m)をくぐると、一年のけがれを落とすといわれています。

 舞殿では、3日間とも氏子の少年による蝶の舞が奉納されます。 舞は「扇の舞」・「鈴の舞」・「蝶の舞」があり、総称で「蝶の舞」といいます。 加賀地方での稚児舞は、ここ菅生石部神社だけで貴重な舞です。

 

所在地 問い合わせ スケジュール※時間はめやすです。詳細はお問合せください。 関連リンク
加賀市大聖寺敷地ル乙81
菅生石部神社
TEL:0761-72-0412
菅生石部神社

【24日】
「夏越の祓」10時00分~
「蝶の舞」18時00分頃~

【25日】
「疫神塚神事」10時00分~
「蝶の舞」16時00分頃~

 【26日】
「湯の花神事」10時00分~
「蝶の舞」16時00分頃~

菅生石部神社ホームページ

イベント情報


大きな地図で見る

« 前のページに戻る