お知らせ

非公開: 加賀の魅力を先取りしよう!モニターツアー募集中

投稿日: 2012年03月09日

加賀の魅力を発見するモニターツアーにご参加くださいますお客様を募集しております。
ツアーの詳細およびお申込み方法については各ツアーそれぞれのリンク先をご覧いただくか、KAGA旅・まちネットまでご連絡ください。

※「加賀の魅力を発見するモニターツアー」はおかげさまをもちまして、盛況のうちに終了致しました。
ご参加いただきました皆様に、深くお礼申し上げます。

  • 贈り物にもぴったり。こだわりの九谷焼「おちょこ」作り体験

    本格的な九谷焼の絵具を使い、陶芸家が丁寧に指導します。木箱入りのオリジナルおちょこ作り体験、限定8名様の特別プログラムです。

    九谷焼
    九谷焼絵付け体験1 九谷焼絵付け体験2 九谷焼絵付け体験3 九谷焼 九谷焼窯跡展示館

    山中温泉の奥にある旧九谷村。
    江戸初期、ここで最初に窯が作られたので「九谷焼」という名が付きました。
    その時代に焼かれたのが名品「古九谷」です。
    謎の廃絶の後、約100年の時を経て九谷焼を甦らせたのは、「吉田屋窯」でした。
    雪深い九谷の地で窯を開いたあと山代温泉に移り、青手古九谷に習った名品を生み出して行きます。
    現在の九谷焼窯跡展示館に、その再興九谷窯跡が残っています。
    九谷焼の聖地で、歴史を感じながら本格的な絵付けを体験してください。

    日時 平成24年3月20日(火・祝) 午前10時
    場所 九谷焼窯跡展示館(加賀市山代温泉)
    旅行代金 お一人様 2,000円(モニター価格)
    定員 8名
    申込締切 3月19日(月) 18:00まで

    ※お申込みは電話・FAXでも受け付けております。
    KAGA旅・まちネットまでご連絡ください。

    その他詳細と申込方法は下記リンク先にてご確認ください。

    『【加賀の発見】贈り物にもぴったり。こだわりの九谷焼「おちょこ」作り体験』

    http://tabihatsu.jp/program/83014.html
  • 漆器の里で自分だけのマイ箸づくり。はじめての漆絵体験

    山中漆器の木地挽き職人たちが住む山里で、自分だけのオリジナル箸をつくります。携帯用の箸袋もセット。毎日の食事がきっと楽しくなります。

    山中漆器の箸と箸袋
    山中漆器体験 ろくろの里 うるしの器あさだ うるしの器あさだ2

    「漆」は英語でjapan、漆器は日本を代表する伝統工芸です。
    今回は、ふだんは触れることのない本漆を使って箸にワンポイント絵付けをする「マイ箸」作り体験です。携帯用の箸袋もセットなので外出時には「エコ箸」として持ち歩けます。
    400年の歴史がある山中漆器は、お椀や茶道具の棗などの木地をつくるロクロ挽きが特徴で、職人さんの数と技術の高さは全国でも群を抜いています。
    代々、木地づくりを仕事としてきた「あさだ」には、お椀やコーヒーカップなどのお買い得品もたくさんあり、お好きな器を選んで絵付けもできます。

    日時 平成24年3月19日(月) 午後2時
    場所 うるしの器あさだ(加賀市山中温泉菅谷町)
    旅行代金 お一人様 2,000円(モニター価格)
    定員 8名
    申込締切 3月19日(月) 12:00まで

    ※お申込みは電話・FAXでも受け付けております。
    KAGA旅・まちネットまでご連絡ください。

    その他詳細・申込方法などは下記リンク先にてご確認ください。

    【加賀の発見】漆器の里で自分だけのマイ箸づくり。はじめての漆絵体験

    http://tabihatsu.jp/program/83125.html
  • 江戸時代にタイムスリップ。城下町をのんびりと屋形船でめぐる。

    知られざるもうひとつの金沢。それが小さな城下町「大聖寺(だいしょうじ)」です。手こぎ船に乗ったり、町屋を訪ねたり、気持ちがスーッと穏やかになります。

    大聖寺 アトリエ理での茶の湯の様子
    大聖寺流し舟 アトリエ理 アトリエ理庭の様子 アンティークの着物 着物を着て大聖寺の城下町を散策

    金沢の支藩として前田家が14代にわたり治めた十万石の城下町・大聖寺(だいしょうじ)。
    代々の藩主が茶の湯や能をたしなみ、庶民にも広く浸透していました。
    その美意識の遺伝子は受け継がれ、今も大聖寺のまちはお茶やお花、能楽がとても盛んです。
    本家金沢のような華やかさはありませんが、そのぶん観光地化されておらず、静かで落ち着いた風情が町のあちこちに残っています。
    町なかを流れる川の上を、手こぎ船でのんびり揺られ、町屋でお茶をいただけば、気分はもう江戸時代にタイムスリップ。

    日時 平成24年3月20日(火・祝) 午後2時
    場所 「流し舟」船乗り場(加賀市大聖寺八軒道)
    旅行代金 お一人様 2,000円(モニター価格)
    定員 8名
    申込締切 3月20日(火・祝) 12:00まで

    ※お申込みは電話・FAXでも受け付けております。
    KAGA旅・まちネットまでご連絡ください。

    その他詳細・申込方法などは下記リンク先にてご確認ください。

    『【加賀の発見】江戸時代にタイムスリップ。城下町をのんびりと屋形船でめぐる。』

    http://tabihatsu.jp/program/83126.html

お問い合せ・お申し込み先

KAGA・旅まちネット
電話:0761-72-6678 FAX:0761-72-6679
Eメール:kikou@tabimati.net

« 前のページに戻る