おすすめの過ごし方

紅葉する伝説のイチョウと深田久弥の足跡を辿る

自然派が集う「深田久弥 山の文化館」のシンボルは、空も土も黄色に包み込む樹齢650年の巨樹。

11月中旬 紅葉の時期「深田久弥 山の文化館」は一面が黄色の絨毯に。その昔、町の大火事がこの巨樹の前で止まった伝説のイチョウです。

ぎんなん画像

ぎんなん 伝説のイチョウからとれた「ぎんなん」。
小粒ですが味にコクがあります。

関連見どころ情報

関連見どころ情報

①深田久弥 山の文化館
①深田久弥 山の文化館
『日本百名山』の著者 深田久弥のふるさと加賀市大聖寺にある「深田久弥山の文化館」は、明治43年築の絹織物工場を修築したもので、平成14年に国の登録文化財に登録されました。

料金:入館料 大人300円
電話:0761-72-3313
開館:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休日:火曜日(祝日開館)、年末年始
紹介ページはこちら
①聴山房
①聴山房
別館の茶房「聴山房」では各種展示会が開催されています。
新緑や紅葉を眺めながら、テラスでゆったりと過ごせます。

電話:0761-72-3313
開館:10:00~16:30
休日:火曜日、年末年始
紹介ページはこちら
②石川県九谷焼美術館
②石川県九谷焼美術館
緑豊かな古九谷の杜公園内にある美術館。
それぞれの展示空間に趣向を凝らし、350年に渡る九谷焼の魅力を紹介しています。

料金:入館料 一般500円
電話:0761-72-7466
開館:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休日:月曜日(祝日開館)
紹介ページはこちら
③全昌寺
③全昌寺
517体すべて現存している五百羅漢は必見。
芭蕉と曽良が宿泊した部屋は茶室として復元され、境内には句碑が建っています。

料金:拝観料500円
電話:0761-72-1164
拝観時間:9:00~17:00
休日:年中無休
紹介ページはこちら
④実性院
④実性院
大聖寺藩主の菩提寺で、全国的に珍しい歴代藩主の墓があります。
「萩の寺」としても知られ、9月上旬が見頃です。

料金:拝観料400円
電話:0761-72-1104
拝観時間:9:00~16:00
休日:年中無休
紹介ページはこちら
⑤大聖寺川流し舟
⑤大聖寺川流し舟
旧大聖寺川を屋形船でめぐります。
船頭さんによる手こぎなので、ゆっくりと進み、川面からの景色を楽しめます。
桜シーズンはご予約をおすすめ致します。

料金:45分コース中学生以上2,000円小学生1,000円
定員:2~8名(1艘につき)
電話:0761-72-6662(時間外090-1635-4605)
営業時間:平日8:30~12:00土日祝・桜シーズン8:30~16:30
休日:火曜日・水曜日(祝祭日、桜の時期は休まず運航)、12月1日~3月末は完全休業
※運航時刻などは公式ホームページをご覧ください。
紹介ページはこちら
⑥長流亭
⑥長流亭
大聖寺藩主の休憩所として造られた長流亭は、国指定重要文化財。
付書院の欄間の透かし彫りなどの内部の意匠が見事です。
長流亭は2017年3月末頃から同年10月末頃まで屋根の改修工事のため見学不可

料金:入館料400円(要予約)
電話:0761-72-0551(江沼神社)
見学可能時間:9:00~16:00
休日:年末年始、祭礼時
紹介ページはこちら

コース経路


大きな地図で見る

案内所

①深田久弥 山の文化館

①深田久弥 山の文化館
見どころ、お食事処について聞いてみよう。
「大聖寺マップ」を手に入れると便利。

電話:0761-72-3313
営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
※営業時間中でもご案内できない場合があります。
休日:火曜日(祝日開館)、年末年始

アクセス

深田久弥 山の文化館までのアクセス
車:片山津ICから約25分
加賀ICから約10分
JR加賀温泉駅から約10分
JR:JR加賀温泉駅から福井方面へ普通列車で1駅(片道190円)。徒歩約20分。
キャンバス(15)舟と久弥と長流亭/加賀市民病院で下車。徒歩約3分。(1日券1,000円、2日券1,200円)

« 前のページに戻る

絞り込み検索

テーマ

地域

所要時間

季節

キーワード