ホーム > イベント > 検索結果

イベント

令和2年度秋期企画展 青泉窯 ~九谷焼窯跡展示館~

江沼九谷の流れ

開催日: 2020年10月7日(水)~2021年1月25日(月) (火曜休館)9時00分~17時00分(入館は 16時30分 まで)

 大聖寺藩窯松山窯に従事した北出宇与門が明治元年、現在の加賀市栄谷町に開いた窯は、当時「北出窯」という窯名でしたが、昭和11年(1936)に彼の地を訪れた富本憲吉によって、「青泉窯」と名づけられました。

 この出会いによって、「青泉窯」は九谷焼の一窯元から大きく変貌します。富本と親交があった北出塔次郎は、草花、動物、人物等のテーマを新たな視点から解釈し、その表現の為に、伝統的な九谷焼の絵付けをベースに独自の技法を探求しました。この探求の姿勢は、塔次郎の後を継いだ不二雄によりさらに推し進められ、塔次郎とは異なる作風は、高い評価を得ました。

 不二雄の長男・昂太郎もまた、優れた色彩のセンスに基づいた色絵表現で将来を嘱望されましたが、若くして亡くなられたことが惜しまれます。

 しかし、青泉窯のカラーともいうべき鮮明でモダンなデザインと、高い完成度を可能にする技術は、不二雄の後を継いだ博嗣や、昂太郎の息子・太郎を始め、多くの人々に受け継がれて行きました。

まさに現代の九谷焼に大きな影響を及ぼした名窯の一つと言えるでしょう。

 今回の展示では、塔次郎、不二雄、昂太郎をはじめ、青泉窯にゆかりのある人々の作品をご紹介します。

「青泉窯」の人々によって為された九谷焼の色絵による造形表現の広がりをご高覧ください。(企画展チラシより転載)

 

チラシはこちらからご覧いただけます  ⇒  春期企画展 江沼九谷の流れ ~令和元元年度寄託品を中心に

 

 

 

場   所 石川県加賀市山代温泉19-101番地9 九谷焼窯跡展示館
問  合  せ 九谷焼窯跡展示館 TEL0761-77-0020
関連リンク

(外部ページ)

九谷焼窯跡展示館 公式ホームページ

イベント情報

絞り込み検索

テーマ

季節

地域

キーワード