魯山人寓居跡 いろは草庵

若き魯山人の息づかいを感じる… 魯山人寓居跡 いろは草庵 金沢の文人・細野燕台の食客となった魯山人は、大正4年秋から翌年春までの約半年間、山代温泉に滞在し、菁華窯などの刻字看板を彫った。 その寓居を当時そのままに公開しているのが、「いろは草庵」である。

仕事場や書斎、囲炉裏の間が見学できるほか、土蔵を改装した展示室では作品も展示している。 

山代温泉の旦那衆は、当時まだ無名であった魯山人の才能を認め見出した。 この山代温泉で魯山人は燕台の煎茶仲間でもある初代・須田菁華から陶芸の手ほどきを受ける。 以来、刻字看板制作の傍ら菁華窯に通い作陶に力を注いだ。 山代は、魯山人の才能を開花させた地ともいえるだろう。 

後年この別荘をたびたび訪れた魯山人は、旦那衆と書画、骨董について語り合い、旬の食材を用いた料理を味わい、美食談義に花を咲かせたという。 晩年には、「私ハ先代菁華に教へられた」(昭和30年・金澤美術倶楽部の講演の演題)と述べている。亡くなる4年前のことである。 故郷をもたない魯山人にとって山代の地は、心許せる居心地のよい場所であったにちがいない。


基本情報

住所
石川県加賀市山代温泉18-5
電話番号
0761-77-7111
FAX番号
0761-77-7110
入場料
大人 560円
高校生以下 無料
75歳以上 280円
20名以上 460円
障がいのある方手帳呈示で無料(付添1名も無料)
※身体障がい者補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)は入館可能です。
営業時間
9:00~17:00(16:30までに入館)
休業日
水曜日(祝日は開館)
年末年始 要問合せ
アクセス
JR加賀温泉駅から加賀周遊バス キャンバス山まわり → 20万松園通・魯山人寓居跡いろは草庵バス停から約150m

JR加賀温泉駅から北鉄加賀バス 温泉山中線(2番のりば)で約15分 → 山代温泉バス停から約400m

JR加賀温泉駅から約4.6km

北陸自動車道 片山津ICから約11.0km

北陸自動車道 加賀ICから約7.9km
駐車場
有り
公式サイト

https://iroha.kagashi-ss.com/

関連スポット

近くの観光地

たちばな四季亭
たちばな四季亭
more
薬王院温泉寺
薬王院温泉寺
more
服部神社
服部神社
more
山代温泉 総湯
山代温泉 総湯
more
山代温泉 源泉・足湯
山代温泉 源泉・足湯
more
山代温泉 古総湯
山代温泉 古総湯
more
大江戸温泉物語 プレミアム 山下家
大江戸温泉物語 プレミアム 山下家
more
九谷焼体験ギャラリーCoCo
九谷焼体験ギャラリーCoCo
more
吉田屋山王閣
吉田屋山王閣
more
湯快リゾート 彩朝楽
湯快リゾート 彩朝楽
more

近くの宿泊施設

たちばな四季亭
たちばな四季亭
more
界 加賀
界 加賀
more
大江戸温泉物語 プレミアム 山下家
大江戸温泉物語 プレミアム 山下家
more
あらや滔々庵
あらや滔々庵
more
小いさな7部屋の宿 紅柿荘
小いさな7部屋の宿 紅柿荘
more
吉田屋山王閣
吉田屋山王閣
more
べにや無何有
べにや無何有
more
湯快リゾート 彩朝楽
湯快リゾート 彩朝楽
more
みどりの宿 萬松閣
みどりの宿 萬松閣
more
葉渡莉
葉渡莉
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

国指定史跡 九谷焼窯跡展示館
国指定史跡 九谷焼窯跡展示館
詳細はこちら
山代温泉 総湯
山代温泉 総湯
詳細はこちら
加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森
加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森
詳細はこちら
山中温泉 菊の湯
山中温泉 菊の湯
詳細はこちら
みやびの宿 加賀百万石
みやびの宿 加賀百万石
詳細はこちら
山代温泉 古総湯
山代温泉 古総湯
詳細はこちら
こおろぎ橋
こおろぎ橋
詳細はこちら
石川県九谷焼美術館
石川県九谷焼美術館
詳細はこちら
深田久弥 山の文化館
深田久弥 山の文化館
詳細はこちら
九谷焼のふる里を訪ねる、本物と出会う
九谷焼のふる里を訪ねる、本物と出会う
詳細はこちら